読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットもぐもぐ

インターネット、おなかいっぱい食べましょう




スピッツ「横浜サンセット2013 劇場版」、夢みたいだった

on

人生で一番天国に近かったライブが、2時間半の映画として閉じ込められてた。
スピッツ「横浜サンセット2013」。

f:id:haruna26:20150401202819j:plain:w500
スピッツ 横浜サンセット 2013 -劇場版- | SPITZ OFFICIAL WEB SITE

2013年9月に、横浜赤レンガ倉庫であった野外ライブがDVD/Blu-rayではなくなぜか劇場版になった。終わった瞬間、早く円盤になってくれ…今の夢みたいな時間を目の前でもう1回巻き戻したい…と思って倒れそうだったのに、そのまま音沙汰なくてあきらめてたけど、まさか1年半も経って映画館で見ることになるなんて思わなかった。

内容はスーパーシンプルに、ライブの最初から最後まで、MC含めノーカット。バックステージやメイキングのようなドキュメンタリー要素も全然なし。拍手の音で始まって、照明が落ちて終わる。目の前でライブがそのまま繰り広げられる。横浜の海を一望できる場所が、昼から夕方に、そして夜に少しずつ色を変えていくのが全部見える。あ、そうだった。こういう1日だった。この日は。


スピッツ、みんな名前は知ってるだろうし、知ってる曲もいくつかあるだろうし、カラオケで歌ったり聞いたり、人によっては学校で歌った経験もあるだろうけど、演奏しているところそういえばちゃんと見たことないなって人、少なくないと思う。それはテレビにほとんど出ないというのが大きいのですが。ライブは少なくない回数やってますが、ドームのようなものすごく大きなところでやるわけでもないし、ファンです!という気合い入った人以外の人が足を運ぶ機会ってそりゃ少ないよなって思う。興味はあるよ~という人が出会う機会あるとしたらフェスくらいでしょうか。

スピッツのライブ、超かっこいいのだ。CDを軽々超えてくる。楽器の生音ってこんなにパワーがあるんだなって思う。音楽に関して素人だからむずかしいことはよくわからないけど、それでもなんだか正しく音を浴びてる気がして、いつだってとても楽しい。幸せになる。イヤホンからカーステレオから有線放送から流れるいつもの曲と情報量が全然違う。

だからめっちゃ見てほしい。
おっきいスクリーンで映画館のいい音で、夏の終わりの横浜にトリップしてほしい。

……まぁ正直ね、ものすごく淡々とライブしてる映像が続くからそんなに起伏あるわけじゃない。例えばわたしは前日あんまり寝てない日に行ったのと、最初の数十分でドキドキしすぎて心臓が疲れて途中眠くなった(正直)。あとやっぱり映画館で座ってるから声出したり踊ったり手をあげたりできないのはもどかしい。「めっちゃ好きな曲きたあああああ」って気持ち押し殺すしかない。でもぼんやり聞いてたりまどろんでる時間すら気持ちよすぎた。だってずっと音が鳴ってるし目をあけたら色が変わってるし、閉じ込められた時間全部が夢みたいだよ。


草野マサムネさんは、びっくりするくらいずっと青年のおもかげがあって、本当にすごい人だ。


空も飛べるはず」「チェリー」「ロビンソン」、世に広く知られてるのって、少し前の曲だと思うけど、もう50歳が見えてきたおじさんたちの作る曲、ずっとかっこいい。最近のライブだと「さらさら」にいつも胸が詰まってしまう。この日のセットリスト、オリジナルアルバム14枚を網羅してたんだけど、別に意図したものじゃなかったらしい。


スピッツ / さらさら - YouTube

もう何百回と聞いてるはずなのに毎回ライブの度に泣きそうになるのは「運命の人」。これはほんと……生で聞く説得力がすごい。励まされすぎてる。バスの揺れ方で人生の意味がわかるし、愛はコンビニで買えるし、神様は自力で見つけるのだ。


スピッツ / 運命の人 - YouTube

あとこのライブで最高だったのは「渚」。曲の終わりに延々と続くドラムがあまりに波の音だった。何度も重なる。今ここで聞くのがなんて似合ってるんだろうって鳥肌が立った。


スピッツ / 渚 - YouTube

それからやっぱり、「夏が終わる」。この年の夏は本当に本当に暑かったんだった。当日は台風が近づいていて、この週末を超えたら急に涼しくなるのかもなって思ってたんだ。
「暑すぎた夏が終わる、音もたてずに」。


見ながらこの1年半のことがフラッシュバックしてきて頭がぐらぐらした。2013年は人生でいちばん幸福な1年だったんだけど、そこから月日が経っても思ったよりずっとハッピーだ。ずっとハッピーなんだよね。幸せは途切れながらも続くもんね。


スピッツ / スピカ - YouTube


観に行くまではなんだかんだ円盤になるのかなって思ってたけどそんなことないみたいだ。パンフレットを読む限り、モノとして残したくない理由があって、だからこういう形でもう一度見せているように思える。くそう、辛い時に何回だってこの日を反芻したいのに。許されない。

でも幻みたいに残響みたいに、美化された思い出として甘く頭に残り続けるならそれもいいかもしれないね。


スピッツ 横浜サンセット 2013 -劇場版- | SPITZ OFFICIAL WEB SITE
新宿と梅田、週末を待たずに終わる予定だったのに追加上映が決まったから、まだ土日で見られるよ…! そのあと、5月までかけて全国いろんなところをまわる。

ああ、やっぱりスピッツ大好きだな。ずっと特別だ。
ライブが終わるといつも、次またこの光を浴びるまでちゃんと生きなくちゃ、って、背筋が伸びる。