読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットもぐもぐ

インターネット、おなかいっぱい食べましょう




林ナツミ『本日の浮遊』展で6mを超える浮遊写真見てきた

f:id:haruna26:20130328000330j:plain
宙に浮く写真「本日の浮遊」の林ナツミさんが個展 東京・南青山で3/31まで - はてなブックマークニュース

前回恵比寿?でやったときは行けなかったから楽しみにしてた。
会期が短いので忘れないようにGoogleカレンダーに書いといたくらいには楽しみにしてた。

林ナツミは「よわよわカメラウーマン日記」というブログで、2011年元日より『本日の浮遊』と題し、自分自身が宙に浮いている写真を1日1カット発表するプロジェクトを始めました。その日彼女が訪れた場所で、自分がジャンプした瞬間を撮影するというシンプルな写真です。それは、ジャンプの瞬間の事実を写しながらも、重力を無視した超常現象にも見えます。


東京の浮遊少女・林ナツミさんが海外で話題らしい - NAVER まとめ
林ナツミさんを最初に知ったのはこのNAVERまとめだった気がする。日本の街角って、アジアの香りがするのに妙に無機質でSFっぽくて、こういう写真すごく映えるなあと思ったんだった。普段iPhoneに目を落としてるからPSPに没頭してるから気づかないだけで、隣に立つポニーテールの女の子は実はほんのすこし地面から浮いてるのかもしれない。そう言われてもおかしくない。かも。

今回青山スパイラルガーデンで紹介されてたのは全部で13枚。点数は多くはないけど、普段ディスプレイの上で見ているのとはずいぶん受ける印象が違っていい感じだった。ああ大きく引き伸ばすものだったんだ、気づかなかったけどただ見た感じでふわっとできるだけじゃなかったんだ、こんなパワーあったんだ、って思った。

本日の浮遊Today's Levitation | よわよわカメラウーマン日記
この本屋さんの写真がすごく好きなんだけど、全然、違った。本棚に並ぶ本のタイトルとか"浮いてる"彼女以外の表情とかがぐぐっと見られちゃうと圧倒的に密度が濃い。みんな毎日、いろんなところで笑ったり怒ったりぼーっとしたりしながら生きてる。明日も同じように続く。

まずは、単純に大きく見せたいなっていうのがあって。ウェブはウェブでデータとして見る面白さはあるんですけど、プリントでは、隅々まで見れる面白さを出したいなと。

紙の上にあるっていうのはとても独特な世界なんですよね。画面だと全体をパッと受け取る感じですけど、プリントとか写真集とかモノになっていると、細部まで見たくなる。目にしたときに飛び込んで来る情報量が違う。で、逆にウェブの面白さっていうのは、日記として日々流れていく、そのパッと見たときのイメージを楽しむっていう、その面白さがあって。違う良さがありますよね。

写真家 林ナツミさんインタビュー/しゃしんのカタチ


ポストカードとアップリケが売ってた。アップリケ、かわいい。浮いてる少女をハンカチやマフラーにいかが。でも使い道がないので買わなかった。
f:id:haruna26:20130327235045j:plain:w600
横長のパノラマ写真、8mもある。とってもきれいだった。

f:id:haruna26:20130327235146j:plain:w600
グッズを買うと紙袋は浮遊写真プリントのやつがもらえる。すごくかわいい…!汚せない!使えない!
今回の展覧会のメインビジュアルのこの写真、スポンサードしてるウンナナクールのベトナムの工場で撮ったやつなんだって。吹き抜けの空間にこの写真が、6mを超える大きさで吊られてる(写真自体も浮いてるのだ!)のだけど現実感しかないのに妙に幻想的でおもしろかった。下から見上げて、螺旋状にうずを巻いてのぼっていった2階からも眺めた。全体がうすピンク色にフィルタがかかっているようにじわじわ明るい。
紙袋にはいくつか種類があるようですが今日はこれしかなかった。全国のウンナナクールのお店でも使っているようで、店頭で買い物するとまた違うデザインのがもらえるかもしれない、だそうです。在庫量によるらしい。


会期がとても短いのですが気になる方どうぞ! 
入場料もかからないし点数も少ないしふらっと見て出てこれます。

林ナツミ『本日の浮遊』展 supported by une nana cool | EVENT SCHEDULE | SPIRAL WEB
会期:2013年3月26日(火)-2013年3月31日(日)11:00-20:00  
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   東京都港区南青山5-6-23
料金:無料

本日の浮遊 Today's Levitation

本日の浮遊 Today's Levitation