読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットもぐもぐ

インターネット、おなかいっぱい食べましょう




「そんなことより早く、このパーティーから連れ出して」、ってフレーズが頭をぐるぐる

今週はずっと「パブリック娘。」の曲を聴きまくってた。
平成生まれの3人組ラップユニット。らしい。聞いてて楽しすぎる。はっぴー!
前々からご存知のみなさんからしたら「えっ今さら?」て感じなのかもしれないけどわたしが今好きで今聞いてるので勢いで書く。

前にも書いたように、SoundCloudっていう個人製作の音楽がたくさん集まる場所で相変わらず遊び続けているわけだけど、ひたすら曲名を見ずに音楽を流し続けている時間もわりと長い。
「このパーティーを、連れ出して、欲しいのに、この私を」っていう女の子の声。同じフレーズがよく耳につくなあって前から思ってた。Remixしてる人がたくさんいるってことは原曲があるってことじゃん、とはたと思う。というか原曲は今までも聞いてたんだけど、公式サイトに他にも音源があるんだ、と改めて気づいて今に至る。

フロアの男女を真似て 私も踊る慣れないダンスを
腰振るのはビッチみたいだし 踊り過ぎもあんま良くないらしい
友達は知らない男の人に 連れられフロアの真ん中
一方私はバーカンのアンバランスな 高いイスに一人なんだな~
トイレに向かおうと立ったら よろめいて足くじいちゃった
手をとられた瞬間 ビビッ 「大丈夫?」今夜の王子様

「そんなことより早く、このパーティーから連れ出して」、このタイトルだけでぐっとくるよね。友達に誘われてクラブに行ってみるけどなんだか慣れない、あーさてさてどうしよう?

こっちは女の子ひっかけにきた男の子側からのアンサーソング。

何飲みたい?「ラムコーク!」俺無視して頼む「テキーラコーク!」
君かわうぃーね的なトーク 交わして褒めちゃう素敵なショール
煽るDJすかさず彼女もぷちゃへんざしたら見えちゃった
素敵な彼女の脇の下には 真っ黒黒すけ んな馬鹿な


これぞ若者のリアル!!(どーん!)てドヤ顔で言うつもりは全然ないんだけど、なんていうんでしょう、ほんとにそのへんに転がってそうな、今駅ですれ違ったあの子の身に起こってそうなことが歌詞になって音楽とラップに乗っかっていてなんだか幸せな気持ちになる。劇的な失恋だとか会いたくて震えたりだとか愛されたい愛されたいって吐露したりだとかアイウォンチューって大仰に叫ぶようなことだとか、別になくたって、当たり前だけど毎日は小さくドラマティックですね。


Remixされまくってるのも楽しい。ブログでいうと、トラックバックみたいな感じなのかな? こうやっていろんな人が同じものを愛でているだけでよい気持ち。




「HardDaysNight」のあまりにも大学生全開の歌詞、くすくす笑ってしまう。特別意識して聞いてなくても歌詞が頭に飛び込んでくる。あーあーあー、あのだるくて甘い空気。
このまま毎日は続くのかな? 続かないんだろうなーっていうか卒業できんのかなー。でもとりあえず明日は同じような感じかなー。起きれたらイギリス文学概論に出て授業終わったら歌広に行くよね。そういう。
HardDaysNight | PublicMusume.

働くたびに堕落する学生 バイトしてる方が全然楽です
誰か僕をしかってくれ パパとママにごめんなさい
気付けばもう大学三年生 取得単位数すこし残念
昨日サボった授業 学費から算出すれば一コマ三千円
何べんでも繰り返す朝寝坊 いい加減もう目を覚ませよ
ブルジョア階級の大学生なりに 今日もブルースを奏でよう

ラップなんてやったこともないのになぜか口ずさみたくなってしまう!朝聞くとテンションあがるし元気出る。小市民らしく楽しく今日も過ごすのだ。
公式サイトで音源、何曲もまとめて無料ダウンロードできます。無料で幸せになってしまって恐縮です。視聴したり歌詞見たりは下のURLでどうぞ。
パブリック娘。公式ホームページ
PublicMusume.